楽しみ方は様々|草取りの手間を省こう|スッキリな庭をキープ
植物

草取りの手間を省こう|スッキリな庭をキープ

楽しみ方は様々

園芸用品

2種類の花を楽しむ

球根の花を植える場合は、花の高さや種類の違いを活かして楽しむ方法もあります。ワンランク上の楽しみ方として知られているのが、違う時期に咲く花を交互に植えるという方法です。基本的に球根を用いて咲く花は春になって咲く場合がほとんどなので、人気のチューリップも春になって満開になるでしょう。違う草花を交互に植えることによって、冬の間は草花を鑑賞し春になると球根の花を咲かすので、2種類の花を一緒に楽しむことができます。花が咲き始めると、その景観も変わってくるので庭の手入れも楽しくなるでしょう。

植え込みの違いを利用する

こうした楽しみ方に加えてもう1つの方法が、それぞれで異なる植え付けの位置を考慮したうえで、層のように分けて土のなかに植え込むことによって咲いた時の花の違いを楽しむと言う方法です。プランターのような小さいスペースの中でもこの方法であれば様々な種類を楽しむことができるでしょう。2種類から3種類の球根を利用するのが良いと言われていますが、1種類の球根でも植えこむ深さを変えることによって、咲いた時の花の高さの違いを楽しむこともできます。

土でなくても栽培できる

球根の花全てが土の中で育つというわけではなく、水で栽培することもできます。水栽培の場合はクロッカスやヒヤシンスなどの花が向いていると言われています。水栽培の草花の場合、室内でも育てることができるのでインテリアとして利用することもできるでしょう。球根が育って固定できるようになった時にはビー玉などを利用して綺麗に飾ることができるのが魅力です。